トップ 会社案内 ごあいさつ 見学会
風の達人・家づくり日記
地元とのつき合い
日本文化の継承
木を多用
強さ
シンプル


家は1戸1戸が地域の社会的資産です。
地震の際にお隣に倒れたりすることなど、もってのほかです。
そのためにもご近所の方々にはぜひ見ておいていただきたい「安全な基礎」を公開。
本当に安心できる家づくりであることを目の前で体感していただきます。
工事の前には近隣のご家庭1軒1軒にご挨拶の訪問。
ご迷惑をおかけしないこと。そして工事スケジュールもお伝えし、
事前の情報開示でスムーズな工事の進行へのご協力をお願いに上がります。
昔から家の骨格と屋根ができる時期あたりに、
これから立派な家ができる前祝いとお披露目を兼ねた「上棟式」が行われてきました。
近年では次第に見かけられなくなりましたが、
ふるまい酒や餅を配ったりなど、
地元の皆さんも一緒になって家の完成を祈ってくれました。
私たちはこの伝統的な行事を近隣ためのささやかなお祭りとしてご提案しています。


無事に上棟を終え、家の構造躯体がほぼできあがった頃に、今度は家ができてからはもう見えなくなる柱や梁をはじめとする頑丈な工法を地域の方々に見て、ここでも大地震にもびくともしない社会的資産としてのわが家をご披露します。

さて、いよいよお引き渡しもまじかに。そんな時期の土曜、日曜を利用し、完成した家を皆様の前に大公開。
味わいのあふれる外観はもちろん、様々な創意工夫と住みやすさ・暮らしやすさが広がる居住空間を自慢しましょう。
「うちも、こんな風にしたいなあ〜」こんなお声が伺えば、それは確かな成功の証し。いつもそんなため息につつまれるのが、この完成現場見学会で、その趣向も「住まいの文化祭」として開催するなど、もちろんオリジナリティに富んでいます。

 


(C) 鷲尾工務店 All Rights Reserved.